口コミおばさんリサーチサイト詳細

サイト管理人ご挨拶

ムダ毛の悩みは女性だけのものではなく、最近は、男性もムダ毛に悩む人が増えています。

 

ムダ毛の悩を解決する手段としては、いくつかの方法があります。中でも最もポピュラーなのが、以下の3つ。

  • 医療脱毛
  • 脱毛サロン
  • 家庭用脱毛器

本サイトは、家庭用脱毛器ケノンに関する口コミ・評判・体験談サイトです。

 

医療脱毛、脱毛サロンと比較すると、家庭用脱毛器は、

 

  • 購入すれば、カートリッジなど消耗品はあるけど、一生自分のものになる(クリニック・脱毛サロンは通うことにお金を払わなければならない)。
  • 脱毛クリニック・脱毛サロンが無い地方の人でも脱毛が出来る。

という良さがあります。

 

ただし、家庭用脱毛器にも色々な商品があります。家庭用脱毛器が良いからというだけで、よくわからない家庭用脱毛器を購入してしまっては満足のいく結果・効果を得ることが出来ません。

 

ケノンというのは、今、家庭用脱毛器の中でも最も売れているこれを選べば鉄板ともいわれている商品。それでも

 

本当に、そうなの?大丈夫なの?

 

という声はあると思います。そんな声に対応するために、このサイトを作成いたしました。

 

  • ケノンの口コミ・評判からトリア・ラヴィ
  • 他の家庭用脱毛器との比較
  • 実際のケノンレビュー
  • ケノンについての購入者によるQ&A
  • ケノンのメリットデメリットの解説

など盛りだくさんの内容になっていて、ケノンのことを知るならこのサイトで完璧!と自負しています。

 

ケノンについて興味があるすべての人に、このサイトが役に立つことがあればこの上なくうれしいです。

 

光脱毛の種類

フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛というのは、カメラのフラッシュと同一の白色の強力なストロボライトの光を用いた光脱毛法のことを言います。

 

この光は、対象物との距離が遠ければ遠いほど拡散するという性質をもっています。この特徴によって、1度の照射面積が約1~2cm×2~5cmと広くなっており、短い施術時間で広範囲のムダ毛を処理出来るようになった、痛みも少ない画期的な脱毛法です。

 

実用化されたのはごく最近のことなので歴史が浅いため、永久性や安全性については実証されていません。施術に使われる個別の機種によって皮膚にあたる部分の温度が一定以上にならないものや、有害な紫外線をフィルタリングする等の安全性に配慮されている機種もありますが、安全性については施術する店舗に設置されている機種や施術者の技量・経験などに大きく左右されるので、できることなら事前に確認しておくと後悔しないですみます。

 

IPL( IntensivePulseLight・インテンスパルスライト )脱毛

IPL脱毛は、強烈(インテンス)で瞬間的(パルス)な光(ライト)を用いた光脱毛法で、1998年頃に日本に入ってきた比較的歴史の浅い脱毛方法で、フラッシュ脱毛と同じく実用化されたのが最近で、歴史が浅いため、その永久性や安全性については実証されていません。

 

このIPLは、他の光脱毛で使われる光と同様に、距離が遠く離れるほど拡散する性質をもっているため、1回の施術面積が広いのはもちろんですが、一瞬の照射の間にONとOFFを繰り返すため、皮膚表面の温度を極力あげずに、他の光に比べて施術時の痛みも抑えています。

プラズマ脱毛

プラズマ脱毛は、医療用レーザー光線より波長が長いキセノンフラッシュ光線を使用した光脱毛です。

 

基本的な部分ではフラッシュやIPL脱毛と同じですが、他のものとは異なり、光を拡散させないので、光が均等に毛根部に伝わります。しかし、その分照射面積は他の光脱毛と比較して小さくなります。

 

医療レーザー脱毛と比較すると痛みは小さく、光が照射されている部分が温かく感じる程度のようです。他のものと同じく実用化されたのが最近で歴史が浅いため、その永久性や安全性については実証されていません。

 

このキセノンフラッシュ光線を肌に安全で優しい光線に整える特殊偏光フィルムに通すことによって、ムダ毛の毛根部に確実に届けます。また、肌との距離をあけることで肌への影響を抑えています。

 

これらの医療レーザー脱毛と比較すると痛みは小さく、光が照射されている部分が温かく感じる程度のようです。

これらの光脱毛の機械は、エステティックサロンで使われているという認識が強いためか医療レーザー光よりもかなり弱い出力の光である、という認識があるようですが、フィルターの選び方によっては医療レーザーと変わらない強い出力となるため注意が必要なものです。

現代の脱毛方法について

コスモライト脱毛

コスモライト脱毛は、第2世代のIPL(I2PL)とも呼ばれる、キセノンランプという光を使った脱毛法です。従来のIPL脱毛では、毛根以外の水分にも反応してしまっていたのですが、特殊二重水フィルターによって無駄な波長の光が除去されて、毛根にのみ反応するように改善されたものです。

 

基本的な部分では他の光脱毛と同じですが、照射面積が広く(10mm×48mm=約5cm2)、短い施術時間で広範囲のムダ毛を処理出来ることに加えて、従来の光脱毛法と比較してヤケドしにくいといった特徴があります。他ものと同じく実用化されたのが最近で、歴史が浅いため、その永久性や安全性については実証されていません。

 

しかし、平成19年3月にデンマーク製の光脱毛機「コスモライトレボリューション」という美容機器をエステサロンに販売したことが薬事法違反にあたるとして輸入販売業者が逮捕されたことを受け、同機種の使用を控えるとともに、その旧型であるコスモライトの使用にあたっても厚生労働省の通知などに触れていないかを考慮した上で使用することとされています。

 

そういう背景や、火傷をしないために出力をおさえた結果として、永久脱毛効果が得られない・皮膚のトラブルが起こったといった報告もあるため、コスモライト脱毛を行うのであれば医療機関で行うべきという意見も根強いものです。

SSC( スムース・スキン・コントロールメソッド )脱毛

SSC脱毛は、イタリアのDEKA社が日本市場に向けて特別に研究・開発した従来のキセノンランプを搭載した脱毛機による、光脱毛とは種類の異なる脱毛法です。
特殊なクリプトンライトという光を使用して、その光が独自に開発された「ビーンズジェル」というジェルにのみ反応し、ビーンズの中にある植物から取り出された、制毛成分が凝縮配合されたフィリニーブとうものが弾けて広がり、毛根に浸透して毛を生えにくくするという仕組みです。

 

皮膚組織を痛めず、痛みもないのが特徴で、フィリニーブには皮膚を柔らかくしたり、リフレッシュさせたりする植物ペプチドが含まれていることから、美肌効果もあるといわれています。

ハイパースキン脱毛

抑毛・減毛という視点からムダ毛にアプローチしていくという視点の違う脱毛法です。特殊な光線を照射することによって、皮脂腺の奥の発毛因子の細胞分裂を減退させ、毛母細胞を形成した後のケラチンたんぱく質などにも効果的に作用し、結果的に毛が再生しにくくなるというものです。

 

他の光脱毛・レーザー脱毛・針脱毛のように毛乳頭を破壊する方法ではないため、出血・火傷・色素沈着の危険性が極めて少ないことと、痛みの無いのが特徴の脱毛方法です。

 

また、この特殊な光線はトリートメント効果があり、コラーゲンを活性化させるため、剃刀や毛抜きなどの自己処理で荒れてしまった肌もきれいにする効果があります。

 

しかし、肝心の脱毛・減毛効果に否定的な意見も多数あり、疑問も残るようです。

ケノンの効果について口うるさいおばさんが真面目に調査!口コミおばさんリサーチ!サイト詳細

サイト詳細